美容の歴史について

美容の歴史について

【エジプト〜鎌倉時代】

美容は現代の女性にとって、少なからずどの女性も意識するものではないでしょうか。
オシャレに興味の無い方であっても、外出したときに人目が気になるなど、美に対して
はネガティブな感情でも、何かしら意識をしていると思います。

過去の時代に振り返っても同様で、古代の人々も、様々な形で美容を楽しんでいたようです。
例えばネイルであれば、エジプト時代のミイラの爪に装飾が施されていたという話もありますので。

日本においては、なんと鎌倉時代に今の「床屋」さんができたのです。「床の間のある店」という
ことから、のちに「床屋」と呼ぶようになったのです。

【クレオパトラと現代】

歴史上美容を初めて愛した有名人と言えば、クレオパトラです。
クレオパトラの行っていた美容法にはどのようなものがあるかというと、
例えば、お風呂も「ミルク風呂、死海風呂」に入っていたそうです。
また、ハチミツを肌につけていたとも言われています。

クレオパトラの生きていた時代から数百年後のローマ帝国においても、
美容に対する関心がとても高かったと伝えられています。
良家の女性は朝の化粧に3時間はかけたとか、顔パックが発明されたの
はローマ時代の皇帝の后だったとも言われています。

この時代から、化粧品は高価なものだったようですが、仮面のようなメイク
が好まれており、厚化粧に加えて、肌に害のある水銀や鉛を含んでいたもの
も多く使われていたため、肌荒れがひどかったようです。

そのため、化粧品への熱が冷め始め、香水への情熱が芽生えてきたそうです。
厚化粧の過去から、ナチュラルメイクの現代へと変遷してきたようです。

【ネイルの歴史】

日本に本格的にマニキュアが伝わったのは明治時代のことでした。
そのころ、爪の手入れと爪を染めることを「魔爪術(まそうじゅつ)」と呼んでいたそうです。
しかし当時は、なかなか「魔爪術」はなじまなかったようです。

ネイルが大衆に普及したのは、もっと後の第二次世界大戦が終わって
高度成長期の日本。昭和のなかばです。
女性のファッションが欧米化して「マニキュア」が知られるようになります。

1970年代、ネイルの専門サロンが紹介され、同時にカラーポリッシュや
ネイルの道具が輸入されるようになり、技術も流入し、
日本の女性が普通にネイルを楽しむようになったのです。

1985年には日本ネイリスト協会が設立されます。
ネイルケアの重要性が見直され、ネイルのおしゃれ、ファッションの一部として、
多くの女性に受け入れられていきました。

日本人はとても器用なので、ネイルアートやデコネールも得意です。
上記のことから、日本は今、世界のネイルをリードする存在になっているのです。

ご利用案内

送料について

通常便:全国一律648円 メール便:全国一律200円

お届け方法は、通常便、メール便にて配送させて頂きます。3,000円以上のお買い上げで送料無料となります。
※離島、一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※メール便で収まらない場合、通常便でお送りいたします。ご了承ください。

また後払い決済をご利用の場合は、別途手数料200円(税込)が必要となり、メール便はご指定頂けません。
詳しくは こちらをご覧ください。

納期について

ご注文受付後、翌日〜10日以内にお届けいたします。

お支払いについて

銀行振込、代金引換、郵便振替、コンビニ決済、カード払いがご利用いただけます。

ご利用頂けるクレジットカード

  • VISA
  • master
  • JCB
  • AMEX
  • ダイナーズ
個人情報について

お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、裁判所や警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外、公開または第三者に譲渡することは一切ございません。

返品交換について

商品到着後7日以内にご連絡をお願い致します。

【返品・交換の条件】
商品の返品・交換には初期不良の場合以外では応じられません。

【お客様都合の返品・キャンセルの場合】
初期不良、発送商品間違いの場合、当店着払いにて対応いたします。

お問い合わせ

SHOWA株式会社
東京都新宿区新宿2-15‐28
TEL:03-6273-0688